top page

notiziario

 

 

n.52 2007/12/18
  NOTIZIARIO ADITALIA  バックナンバー 52よりHTML版  
   varie

現代の泥の天使たち

 
 

1966年のフィレンツェ大洪水のときに被害を受けた数千点の木製芸術品の修復が始まった。ヴァザーリ作の祭壇を含むこれら16~19世紀の作品を救うために、フィレンツェ建築専門学校(Spef)の学生・卒業生が「2007年版泥の天使」となってこの修復事業に参加している。
若い修復士たちは、それぞれ一つの作品の里親となって、その健康状態を将来もずっと見守ってゆく。

 
 
   
   
  n52 index
  次へ→
  前へ←